私の親、保育士です。


保育士も結構大変なんです。
by o9c8l5vojl
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

早速「縮減」判定 沖縄科学技術研究基盤整備機構の運営委員会経費(産経新聞)

 23日始まった政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)による「事業仕分け第2弾」は、沖縄科学技術大学院大学の設置準備にあたっている「沖縄科学技術研究基盤整備機構」の運営委員会の経費について、「縮減」と判定した。

 午後は国際協力機構(JICA)の運営費や国立病院機構の診療事業なども議論する。

【関連記事】
事業仕分け第2弾スタート「天下りのあかを完全に洗い流す」と首相
国会は事業仕分けの聖域なのか
事業仕分け第2弾 財源捻出は期待薄、癒着の構図にメス入るか
仕事かぶる? 仕分けられるか「消費者行政」
自民も事業仕分け強化 政府に対抗、河野氏ら
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

元大和郡山市議に無罪=詐欺罪で起訴、懲役4年求刑−奈良地裁(時事通信)
<社民党>福島党首、石原知事に発言撤回求める(毎日新聞)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
首相元秘書に禁固2年、執行猶予3年の判決(読売新聞)
需要予測の統一モデル構築へ=調査手法見直しで検討委−国交省(時事通信)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-04-27 11:15

万引、自転車盗…小さな違反や犯罪を積極指導 規範向上狙い警察庁(産経新聞)

 警察庁は21日、自治体や公共交通機関、民間企業、学校などが幅広く連携して犯罪の発生を社会全体で押さえ込むための施策をまとめ、全国の警察本部に実施するよう指示した。また、犯罪の抑止には社会の規範意識の向上が必要として、落書きや万引など「軽微」と受け取られがちな犯罪にも厳しく対処する一方、犯人に「心からの反省」を促して規範意識を高め、再犯を防ぐ試みを示すなど、異例に踏み込んだ通達となった。

 通達では、ボランティアの防犯活動を企業や地域、学校に細かく整備し、警察と地域が一体となって少年への声かけ活動を進めるなど、犯罪の抑止に国民が深くかかわるネットワークづくりを指示。

 犯罪抑止に重要な役割を担う地域社会のつながりが希薄化しているとして、大学生や現役世代の社会人などを地域防犯活動のネットワークに取り込み、犯罪発生情報の受信、防犯情報の発信をスムーズに行うよう求めた。

 一方、万引や自転車盗、落書き、歩行者の信号無視など「軽微」とみられがちな犯罪・違反について、見逃がせば、やがて重大犯罪へとつながる「ゲートウェー(入り口)」と位置づけ、「看過しない」姿勢を明示。

 万引では、被害に遭った店舗側が捜査協力のために割かれる時間的なロスを嫌って届け出をためらう現状があり、警察官が出向いて調書を作成するなど時間短縮で届け出率向上を目指すよう言及した。

 同庁の安藤隆春長官は同日開かれた全国警察本部の生活安全課長会議で、「既存の取り組みに対する検証、見直しを行い、『犯罪が起きにくい社会づくり』を推進してほしい」と述べた。

【関連記事】
横浜APECはSP1千人超 警察庁、初の事前訓練実施へ
警察庁長官「工藤会、壊滅へ尽力」指示
池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁
運転免許取り消し処分者 飲酒日記 義務付け 警察庁 秋からモデル講習
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)
<北海道>30年後に410万人台…道経済連が人口推計(毎日新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
所沢市の公園にこいのぼり350匹(産経新聞)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-04-22 20:37

【from Editor】郵政見直しには覚悟必要(産経新聞)

 昨年、現代の脳外科医が江戸時代にタイムスリップするというテレビドラマが放送された。史実では死ぬ運命にあった人々の命を救うことで、歴史を変えてしまうのではないか−。苦悩しながらも、最新の医療知識を使って医師としての役目を果たそうとする主人公の姿が印象に残った。

 歴史を変えてしまうことの是非はともかく、こんなことが現実に起きたら、現代の医療は今よりも格段に進み、不治とされる病も治るようになるかもしれない。

 亀井静香郵政改革相を中心に鳩山政権が進めている郵政見直しをこのドラマになぞらえると、先祖返りの治療法で逆に苦しむ人を増やす、という筋立てになるのではないか。

 小泉政権が進めた郵政民営化の大きな目的は、日本郵政公社の郵便貯金や簡易保険に集中する巨額の資金を、非効率に使われがちな官から民に流れるようにし、日本経済の活性化につなげようというものだった。これを実現するには、郵貯・簡保の縮小はもちろんのこと、民間金融機関との競争条件を対等にする必要がある。郵政改革は、日本の金融機関をいかに強くするかという問題と表裏一体の関係にあるわけだ。亀井流郵政改革にはこの視点が抜け落ちているような気がしてならない。

 日本の民間金融機関の収益力は大手企業との取引では欧米と比べても遜色(そんしょく)ないが、中小企業や個人相手となるとかなり低い。「過当競争が原因」(金融関係者)なのだという。

 亀井流郵政改革の目的は、郵貯・簡保の預け入れ限度額を引き上げて郵貯・簡保に再び資金を集中させることにあるようにみえる。ダメージを受けるのが、中小企業や個人との取引を主とし体力で劣る地域金融機関だろう。産経新聞の僚紙「フジサンケイビジネスアイ」(6日付)に中小企業向け融資について、関係者が「相手にしてくれるのは信用金庫、信用組合ぐらい」と吐露する場面が出てくる。亀井氏は「地域のため」と繰り返すが、逆に地域を疲弊させる危険をはらんでいるのだ。

 そこで「友愛」を説く鳩山政権に提案したい。「巨大官製金融機関」と化す郵政に、窮地に陥った地域金融機関を吸収合併させて救済する仕組みを作ってはいかがか。もちろん、不良資産を大量に抱えて郵政の経営が立ちゆかなくなるかもしれないのは覚悟の上で、ということではあるのだが。(フジサンケイビジネスアイ編集長 吉田憲司)

<平等院鳳凰堂>柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
邦人カメラマン死亡 職場で黙祷 旅行会社、混乱収束願う(産経新聞)
<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
<梅>偕楽園の3000本が満開 水戸
「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-04-20 10:32

通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)

 「そよ風」ブランドで通所介護やグループホームなどを展開するメデカジャパンは4月7日、昨年6月-今年2月期の連結営業損益が前年同期比2.7倍の8億2300万円の黒字になったと発表した。通所介護に英会話教室やパソコン教室などを導入した高齢者の生涯学習文化教室「そよ風ルネッサ」の実施や、ケアマネジャーなどに対する営業力の強化策などが奏功した。

 売上高は同11.0%減の200億7400万円だった。経営資源を介護事業に集中しており、不採算の温浴事業からの撤退や、医療機器などの販売事業の縮小が減収要因となった。
 経常損益は4億3200万円の黒字(前年同期は4億6700万円の赤字)、純損益は4億9500万円の黒字(同39億6400万円の赤字)だった。昨年10月にスタートした介護職員処遇改善交付金については1億7900万円を営業外収益に、職員への交付金特別手当として同額を営業外費用に計上した。
 介護事業の売上高は196億500万円(前年同期比6.7%増)、営業損益は12億9100万円の黒字(同44.9%増)だった。拠点の新規開設を抑えて既存拠点の稼働率向上に取り組むなどした結果、通所介護で前年同期比8.1%、有料老人ホームなどで16.0%の増収となった。

■コンプライアンス体制を強化
 同社は昨年10月、コンプライアンス体制を強化するために「法令順守統括室」を本社に新設した。介護保険関連法令などの知識の習得と周知徹底を図るため、現場の責任者クラスの職員を対象に教育研修を実施している。同社によると、今後は担当者を各支社にも配置し、研修体制をさらに強化することも検討しているという。


【関連記事】
顧客満足度、介護サービスが29業界中3位
介護事業、増収傾向続く―大手4−12月期決算
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン
業績予想を上方修正―メデカジャパン
メデカジャパン106億円の特損計上、「選択と集中」へ

<安中市長選>現職の岡田氏が再選 群馬(毎日新聞)
子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起(産経新聞)
「横転した車…外に出られず」タイ駐在員ら帰国(産経新聞)
「ママの星」山崎さん打ち上げ 宇宙にも吹く、女性進出の風(産経新聞)
<大江健三郎賞>中村文則さんの長編小説「掏摸(スリ)」に(毎日新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-04-13 20:21

スーツケース遺体事件で男出頭=関与ほのめかす−石川県警(時事通信)

 金沢市内のがけ下で、頭部のない女性の遺体が見つかった事件で、事情を知っているとみられる男が石川県警金沢中署に出頭したことが1日、分かった。事件への関与をほのめかしているといい、県警が詳しく調べている。 

【関連ニュース】
頭部、鋭利な刃物で切断=遺棄は22日夜以降か
がけ下に頭部のない女性遺体=スーツケースに全裸で

「心痛めている」と謝罪=黄元書記、拉致被害者家族と面会(時事通信)
民主党が「仕分け調査員」を募集 1年生議員対象(産経新聞)
チリ地震、津波の理解度まちまち 迅速な避難行動が大切(産経新聞)
「うれしさ半分、緊張半分」=眞子さま、ICUに入学(時事通信)
佳子さま 高等科の入学式に出席(毎日新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-04-08 19:42

<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)

 厚生労働省は30日、今年6月までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者は7192人(3月18日現在)に上るとする調査結果を公表した。3月から6月までに期間を拡大し、前月調査から1325人増加した。08年10月からの累計は26万9790人になる。

 新たに把握した失職者などの割合は、パートなどが40.1%(2881人)で最も多く、次いで期間労働者などが29.0%(2088人)、派遣が22.7%(1630人)、請負が8.2%(593人)だった。

 派遣労働者の比率が前月の約2.5倍、期間労働者も増加しており、年度末の3月に派遣などの雇い止めが急増した状況が浮かんだ。厚労省職業安定局は「年度末で雇い止めが増えているが、昨年の同時期には万単位の雇い止めが行われており、歯止めはかかってきているのではないか」と分析している。【東海林智】

【関連ニュース】
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
厚労省:グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知
保育所待機児童:4万6058人に増加 厚労省発表
体重:中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査
特定看護師:広範囲の医療行為可能に 厚労省検討会が提言

橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持(産経新聞)
【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)
北沢防衛相「頭越しに決めない」=普天間で沖縄知事と会談(時事通信)
後発品使用促進に「著しく水を差す行為」―日薬が大洋薬品に要望書(医療介護CBニュース)
「処理追いつかず」申請書放置、茨城県係長停職(読売新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-04-05 17:59
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧