私の親、保育士です。


保育士も結構大変なんです。
by o9c8l5vojl
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<中国残留孤児>曲美琴さんの「兄」、DNA鑑定で無関係(毎日新聞)

 厚生労働省は26日、昨年11月に一時帰国した中国残留孤児の曲美琴さん(推定64歳)の兄と名乗り出た茨城県の男性について、「兄妹の関係は認められない」と発表した。DNA鑑定で判明した。

 厚労省によると、連絡を受けた曲さんは「今後も肉親が見つかることを期待しています。(男性の)妹さんが見つかることを願っています」、男性は「曲さんには、あきらめないで肉親を捜してもらいたい。会えることを祈っています」と話したという。

【関連ニュース】
大みそかテレビ番組:「紅白」は福山16年ぶり 魔裟斗引退&吉田VS石井 ガキ使も
文学・評論 『「孫玉福(スン・ユイフー)」39年目の真実…』=城戸幹・著
中国帰国者京都の会:残留体験、伝えるNPO 設立記念し集会 /京都
金沢家庭裁判所:「被害者の立場も重視」 平林新所長が着任会見 /石川
高校入試:外国語が母語の中学生、進学への相談会−−来月2日九大ホール /福岡

寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
米倉氏の政策聞きたい=鳩山首相(時事通信)
<訃報>北森鴻さん48歳=ミステリー作家(毎日新聞)
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」−谷垣自民総裁(時事通信)
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」(産経新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-01-31 06:19

2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判−千葉地裁(時事通信)

 飲酒のため運転が困難な状況で、女性2人を車ではね死亡させたとして、危険運転致死罪に問われた造園業、高橋浩二被告(45)の裁判員裁判で、千葉地裁(小坂敏幸裁判長)は28日、懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。同罪での裁判員裁判は全国初。
 被告側は「運転困難な状況ではなかった」として、自動車運転過失致死罪が成立すると主張していた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任

歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」−平野官房長官(時事通信)
町長失職…合併確定も撤回求め安土町議会リコールが告示 滋賀(産経新聞)
離婚後300日規定の改正検討=「無戸籍の子」問題に対応−千葉法相(時事通信)
飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)
遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-01-29 19:16

「法テラスで悩みなくして」=はるな愛さんPR大使に就任(時事通信)

 法律トラブルへの公的支援を行う法テラス(日本司法支援センター)をアピールしようと、法務省はタレントのはるな愛さんを「サポーターズ大使」に起用、その任命式を27日、同省内で行った。はるなさんは「多くの方に利用していただき、正しく明るい人生を歩んでほしい。法テラスで悩みをなくして」と早速、PRに努めた。
 官民共同で2006年に発足した法テラスは、無料法律相談や民事訴訟の費用立て替えなどを行っているが、認知度の向上が課題。はるなさんは、昨年タイで行われたニューハーフの国際美人コンテストで優勝しており、加藤公一法務副大臣は「世界一の人にぜひ法テラスを広めていただきたい」と期待を込めた。 

野菜いっぱい!スザンヌ家の「だご汁」披露(読売新聞)
<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)
<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)
追試実施は見送り=「インフル患者減少」−東大入試(時事通信)
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり−今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-01-28 17:15

「これで沈静化して」…民主議員、言葉少な(読売新聞)

 小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取に応じた23日、週末を利用して地域の有権者の前に姿を見せた民主党の国会議員たち。

 その多くが、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件については相変わらず触れずじまいだった。「これで事態が沈静化してほしい」。

 党内からは小沢氏の事情聴取を一つの区切りにしたいという声もあがっているが、野党に転じた自民党側は「今後も国会で追及していく」と強気の姿勢を見せた。

 この日午後2時半過ぎ、千葉県八街市では、民主党の野田佳彦・財務副大臣(52)と海江田万里衆院議員(60)の2人が、投開票が翌日に迫った同県議選補選の応援に駆けつけていた。

 「事業仕分けで予算のムダが見えるようになった」「国民本位の政治を」。2人は、スーパー近くの駐車場に集まった約100人の聴衆を前に熱っぽく語りかけたが、小沢氏が事情聴取を受けたことだけでなく、「政治とカネ」の問題には触れないまま。演説後、野田副大臣は「地方選であえて触れる事じゃない」と言葉少な。海江田議員は、むっとした表情を見せて何も語らなかった。

 「民主党も結局、クリーンな政治はできないのかもしれない」。聴衆の一人、市内の男性(30)は冷めた様子で話していた。

 地元の横浜市内でミニ集会を開いた同党新人の中林美恵子衆院議員(49)。集会では、十数人の支持者を前に小沢氏の問題には触れず、終了後、「幹事長が政治家個人として(聴取を)受けたことで、政党としてうんぬんではない」とコメントしただけだった。

 小沢氏が事情聴取を受けたことについて、取材に応じた末松義規衆院議員(53)は「検察と小沢さんの言い分が食い違っていたのだから、事情聴取に応じられて説明されたことは良かった」。神山洋介衆院議員(34)も「国会審議が『政治とカネ』一色になっていて、早く沈静化させる意味でも検察の聴取を受けたのは良かったのではないか」と語った。

 一方、自民党はこの日、東京・永田町の党本部で、小沢氏の政治資金問題などについて一般の党員などに説明する会合を開催。出席した西田昌司参院議員(51)は「今回のケースは、政治資金規正法の記載ミスという単純な問題ではなく、なぜ小沢さんがわざわざ政治団体を使って不動産を買ったのかという点が大きな疑惑。今後、国会で徹底的に追及する」と述べた。

【中医協】再診料、外来管理加算めぐり議論が平行線(医療介護CBニュース)
田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取−大阪高裁(時事通信)
ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
<平野長官>報道表現「関係者によると」は「公平でない」(毎日新聞)
[PR]
by o9c8l5vojl | 2010-01-26 23:38
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧